債務整理は1人で悩まず、早めの解決が必要

キレイに整理されるルーム

債務整理で取り戻せる金額

借入金額に毎月金利が上乗せされます。金利が高いほど、返済金は高額になってしまいます。また延滞をする事で延滞金利が発生し、借金の返済が難しくなります。債務整理相談をすることで、金額を減らす事もできます。

相談に乗る男性

債務整理の種類

債務整理と一口にいっても、借金を減額し返済を行なうか、全ての借金を免除してもらうのか、その手段は一様ではありません。自分に適した手段を取り、法律家に相談して見極めることが大切です。

首をかしげる女性

国選弁護人

日本の法律では刑事事件において、捜査官は弁護士を呼ぶ権利があることを告知することとなっており、国選弁護士の場合は、私選弁護士と違い、国が弁護士費用を負担してくれます。

PCを前に考える男性

相続問題の解消法

相続問題などのトラブルを解消する手段はいくつかあります。遺言書を作成することで、被相続人の意思を明らかにします。人間関係は信頼関係で成り立っているため信頼関係を築き、問題解決に繋がります。

数人の弁護士

離婚相談所

振り向く女性

離婚をする際自分一人で決断する事が出来ない場合もあります。離婚を考える人たちのかかえる不安を聞いて、どのような解決策があるのかを一緒に考えていくサービスとして離婚カウンセラーといわれる人たちがいます。

債務整理の相談

名刺を差し出す

過払い金を取り戻すなら福岡の司法書士事務所へ|ジェネシス

離婚相談を大阪でするならここに行けば解決しますよ!このサイトを見ればあなたのヒントになることがきっと書かれています!

多額の借金や多重債務を抱えて、返済の目処も立たずに日々の生活さえ脅かされている場合、弁護士や司法書士に相談して債務整理に関して最善の策を模索することが適切です。 債務整理には、過払い金の返還請求手続き、そして、「任意整理」「民事再生」「自己破産」の3つの方法があります。 過払い金とは、利息制限法の上限金利を超えて支払った利息のことで、過去10年に遡って貸金業者やクレジットカード会社に対して返還請求ができます。上限金利は借入元本によって変わりますが、100万円の借入であれば年利15%が上限です。この上限を超えて支払っていれば返還請求ができ、また、現在も返済中の借入についても、上限金利を超えない金利で再計算されます。 この手続きによって、借金の何割かは軽減される可能性があります。 過払い金の返還手続きは、借り入れた本人が行なうこともできますが、弁護士等に相談して代行してもらうことも可能です。 過払い金の返還の後でさえも債務整理が必要な場合は、3つの方法を弁護士等と相談しながら検討します。

「任意整理」は、金融業者との和解交渉によって、金利を免除してもらい、およそ3年以内に元本を返済する方法です。この方法のデメリットは、金利の免除と引き換えに、元本は3年以内で返済することによって、今まで以上に月々の返済額が増える可能性があることです。 「民事再生」は、住宅のような資産を守りながら、借金を減額してもらい、原則として3年以内に返済する方法です。但し、住宅を守るために住宅ローンは従来通りの返済が必要です。「民事再生」を行なえる条件は、住宅ローンを除いて借金の総額が5000万円以下であり、収入を見込めることです。 「任意整理」と「民事再生」の場合、特定の職業に就けない資格制限はありません。 そして、「自己破産」は全ての借金の支払い義務が免除されることを裁判所に認定してもらう方法です。これを免責と言います。この方法の場合、直近の生活費や日々の生活に必要で20万円以下の財産を除いて、処分(没収)されてしまい、また、特定の職業に就けなくなります。 いずれの債務整理の方法でも、弁護士等に相談して手続きを代行してもらう必要があります。

債務整理の悩みは大阪の司法書士事務所に相談して解決してもらいましょう。まずは無料相談で話をしてみませんか?