債務整理は1人で悩まず、早めの解決が必要

キレイに整理されるルーム

相続問題の解消法

数人の弁護士

相続によるトラブルは、今に始まったことではなく、昔から相続についてのトラブルは多々ありました。ある時代などは、相続問題から戦争に発展した例はたくさんあります。 しかし、昨今では身近でも相続によるトラブルが多く見受けられます。それは、「法律」が、庶民に浸透してきたことが大きいと思われます。さらに、親子関係、兄弟関係の希薄さが影響していると思われます。その希薄さ故に、信頼関係も破綻し、それが相続によるトラブルの遠因となっていることは疑いようもない事実です。仲の良い兄弟の仲ではすべてとは言えなくとも、ほとんど相続に関してトラブルになると言うことはありません。昔に比べ、個人というものの価値が尊重されるようになった結果であるとも言えます。個人が尊重されるあまりに、家族関係が希薄になってしまったのではないでしょうか。そこに相続トラブルの一因を見出すことが出来ると考えます。

このようなトラブルを解消する手段は多くあります。 まず、遺言書を作成することです。それにより、被相続人の意思を明らかにします。 次に、法定相続分は法律で決まっています。この法律を順守することを徹底することです。 しかしながら、人間は感情で動く生き物ですから、そう簡単なことではありませんし、中には、義理の親の面倒を見たのに、一切なにももらえないという理不尽な結果を生むこともあります。それについては、法改正なども考える必要があります。 しかし、大事なことは言うまでもなく、親子、兄弟の信頼関係の構築にあります。人間関係は、信頼関係で成り立っていると言えます。その信頼関係を構築してこそ、こういった問題も解決することができると考えます。